台湾・中国_3
台湾で大型バイクのユーザーが増えているだと!?
一体どういうことだ???なぜ?
台湾・中国_4


箱根の十国峠レストハウスに12人の外国人がやってきた。
彼らは台湾のバイクグループだという。
 バイクは東京でレンタルしたとのこと。羽田空港から東京都江東区にある大型バイク専門店「ライコランド東雲店」へ直行。3泊4日のツーリングだとメンバーの中のファンさん夫妻が教えてくれた。
既に、日本には20回以上来ているという。相当なベテランだ。
理由としては、「日本人は礼儀正しく、道路がきれいで走りやすい。また食べ物もおいしい。」などなど。
 ところで、台湾の高速道路では二輪車は走行できないのだ。そのため、ロングツーリングに行くのは大変だったのだ。さらに、日本の高速道路料金はとても高い。そのため、一般的な水準(ヨーロッパと比べて)よりも割高なのだ。
ちなみに台湾でバイクというと、125cc程度のスクータが主流。大都市での通勤ラッシュ時には小排気量のバイクで溢れかえる。
 そんなか、大排気量バイクを所有するのはやはり富裕層だ。
最近では、日本製はもちろん、ハーレーダビッドソンやBMW等の高級バイクも増えている。
 今後、台湾では大排気量バイクの普及が目立っていくだろう。

※この記事は、Responseさんの台湾で大型バイクユーザー急増中…日本とは違うツーリング事情(
2016年4月13日(水) 20時15分)を再構成しています。最初の「台湾で大型...なぜ?」の部分はオリジナルです。